「薪ストーブのある30坪の家」間取り集

30坪の家+薪ストーブ

この間取り集は、3×5間、総2階建、延べ床面積おおよそ100㎡(約30坪)として玄関、台所、水回り、寝室、子供部屋の大きさを、ほぼ変えることなくレイアウトしてあります。

ここに記載した間取りは3間×5間・総2階建ての木造住宅です。各階が3間x5間という空間の中で、間取りにより暮らし方がどのように変わるのか考えています。この間取りを基本として、皆様が理想の間取り、暮らしと出会えますよう、心より願っています。

また、掲載している各間取りは、有料にて設計図書一式を提供致しておりますので、ご希望される方はお気軽にお問い合わせください。

01

家族時間が愉しみ 火のある家

玄関近くに段下を外部収納として利用する階段を設け、北面に玄関から食品庫を通り直通できる台所の西側には、南から浴室、脱衣室、洗面所とトイレを配した。居間は動線上から少し離し、落ち着きのある空間となるように計画された基本的な間取りの一例に薪ストーブを設置。
とにかく日々忙しく家事はテキパキこなし、のんびりとした時間を少しでも作りたいと願うなら、やはり家事銅線は短くしたい。
台所を中心に玄関と水回りが両横にあることで、炊事をしながらでもご近所さんが不意に訪ねてきても宅配があっても数歩で玄関に行けるし洗濯物をするにしても数歩、台所から1階に居る家族全員の様子を伺うこともでき、2階の様子は、薪ストーブ上に設けた吹き抜けから家族の声が聞こえてくるだろう。
2階の寝室はWICをクッションとして独立性を高め夫婦だけの時間を過ごせるようレイアウトしている。

02/03

和室の位置で異なる暮らし

1階
冬季の北西の季節風を避けるよう、あえて北側に外部収納を設け、東側から玄関に入る。この02と03のプランは東側に玄関があり西側に水回りをまとめてレイアウトしており、2案の違いは、3畳間と階段の位置。
3畳間はごく近しい近親者や友人の部屋としても使えるように設定しているが、もちろん畳仕上げとしなくとも、このスペースをスタディーコーナーとして利用するのもおすすめ。

2階
特に階段の位置が変わることにより02では東側の寝室が03では西側になる。8畳の寝室に併設するWICは個々のライフスタイルに合わせ、どちらを選ばれても良いだろうし、もっと寝室を広くしたいなら寝室を10畳とし、北側に2間幅の押入れの設置も可。
また、これらの間取りは薪ストーブ1台で家中を暖かくするように計画されているので、2階の各室は全て吹き抜けのある空間に部屋の出入り口を設け、全ての部屋は引き戸になるように計画した。

南北に風が抜ける家

居間は南北方向の風通しが良くウッドデッキを設けることで、外部への広がり感を増すことが出来る。また、薪ストーブを北側へ設置することで、冬季間は冷えやすい北側から暖めることにより、熱効率の良さも期待できる。3畳間は空間的には近く居間の一部としての利用もあるが、水回りから少し距離があり、静かな空間としての使用も可能だ。またこの一部屋があることで、居間は前面道路からの距離感が増し、居間自体に落ち着いた雰囲気をもたらすだろう。

第2の食堂・居間・子供室

03のプランでは冬場、畳の部屋に炬燵を出し家族が一緒に、ぬくぬくとお鍋でも楽しむ時を過ごすには、台所近くに畳の部屋があると便利だし、乳幼児期の赤ちゃんがいれば、お昼寝をしていても我が子の様子を見ながら、安心して夕食の準備ができる上洗濯物を畳むにも重宝するだろう。この3畳間は第2の食堂、子供室、居間として活用できる。

04/05

和室の方向で異なる機能と雰囲気

和室の方向で異なる機能と雰囲気
どちらも朝日が差し込む東側に台所、西側に水回りを配置し、その間に南北に風が抜けるように居間と3畳間をレイアウト。

玄関横の台所は朝、家事をしながら家族を送り出すことも、夕食の支度をしながら帰宅した子供の表情をさりげなく伺うこともできる。また家事銅線が長いことで家族を積極的に家事に参加させやすい利点もあるのではないだろうか。あるいは家事動線を長くすることで、足腰の衰えが気になり出す年齢になる頃、自宅内でも歩く距離が長くなり健康の維持には好都合で、バリアフリーを必要としない家づくりという考え方もできる。住宅は将来も見据えご自身がどのような暮らしをしたいのか、何を求めるのかにより、間取りの考え方が異なることをこの間取りから実感していただければ幸いです。

これらの間取りの大きな違いは階段の位置と、3畳間の方向、そして2階のフリースペースのレイアウトが変わる。

泊まり客を迎える

近しい親族や、友人が寝泊りすることもあるなら、トイレや洗面、浴室に隣接し1間幅で居間に接する3畳間は、この30坪の家の中でも独立した和室の雰囲気をもたらし、来客の気遣いを軽減できるだろう。
2階の書斎とフりースペースは一つの空間となるため、書斎で仕事をしながら子供たちの勉強を見てあげることもできるし、就寝前のほんわかした時間、家族同士が何気ない会話も弾む夜の2階リビングとして役立つことを願う。

子供のプライバシーを重視

洗面所の横から2階へ上がるので、2階にトイレを設置していないこの住宅では、来客があったとしても、思春期の子供達が来客の横を通ることなくお風呂やトイレを利用でき、ある程度、子供たちのプライバシーを尊重できる。また、2階は書斎とフリースペースの間に階段があるので、書斎で親が仕事をしていても、ある程度の距離を保ちつつ子供たちがフリースペースで読書を楽しむこともできるだろう。

06

ON・OFF

暮らしの中で、動きのある「動」と、くつろぎに重きをおきたい居間「静」を左右に分けた、さらに居間食堂は、やや動きのある食堂は活動的な南に配し、静かな時を過ごしたい居間部分は北面にするなどを30坪の住宅で表現した。
北側の玄関を取り囲むように水回りや収納を配置することにより、帰宅時の手洗いやコート類の収納、買って来た食品などの収納など帰宅時の動線も短く、台所と各室が近いこのレイアウトは普段の家事でも動きやすい。
玄関収納を兼ねたWICの南にデッキを設け、板塀で囲むことにより、道路からの視線をカットした物干し場となる。
2階は約4.5畳の家族で使う書斎兼スタディーコーナーで吹き抜けの手摺部分は造り付けの書棚が良いだろう。テレビの位置を変え、この吹き抜け部分の一部にスノコを敷けば1階からの登り棒やロープ、あるいは西面の壁をクライミングウォールとするなど遊べる家づくりも考えられる。

07

外視線を気にせず2階で過ごす

1階に個室、2階に居間を設置する、いわゆる逆転プラン。
2階の居間は道路からの視線を感じることなく、景色を楽しめ斜天井にすることで、のびのびとした空間を創り出す反面、薪ストーブで家全体を暖めるには1階に暖かな空気を送るシステムが別途必要となる。
冬季に吹く北西からの季節風を避けるため、自転車置き場を兼ねたポーチより南から玄関へ入ると、正面に玄関収納があり左手に階段を配置し帰宅時には2階へと上がりやすいように計画している。この玄関収納の上はスタディーコーナーとし、万が一にも体調に変化が起きた場合には、ホームエレベーターを設置できるように将来も見据えて計画した。
水回りと階段、スタディーコーナーを北側、3畳の和室を含めると20畳のLDKは南側に配置し明るく家族の時間を過ごす、基本的なレイアウトである。

08

感染症・花粉症対策の家

感染症や花粉症に対策を施すとしたら、どのような住宅がふさわしいのだろうか?ややコンパクトな30坪の家でも、子供たちがのびのびと十分に遊べ、楽しめる広い空間が実現できないか?
幾つか部屋を考え直し再構築。玄関の代わりにむけた風除室でコートを脱ぎ土間に面する洗面で手や顔を洗い入る。土間には薪ストーブを設置し、趣味のスキーや自転車のメンテナンス、あるいは日曜大工の作業スペースとしても利用。花粉の季節には物干し場として利用できるように浴室とつなげたWICには洗濯機を置き、洗濯の作業はこのスペースで完結させる。台所に立てば正面に庭の風景が広がり、左側は宙に浮くようなスチール階段を通して2階の書斎を兼ねたスディーコーナーまで見通せるだろう。居間は住宅の対角線上に視線が広がり、広々とした空間となる。さらに45度傾けたウッドデッキが居間の両開口部をつなぎ、空間を広げる演出をする。

間取りを創造する基本は、敷地に対し最もふさわしい住宅のかたちを決め、その間の中に暮らしを思い描きながら各室を織り込んでいくと、外観も美しく綺麗な佇まいが完成する。
ここに記載した間取りは、3間×5間の空間を基本として、間取りにより暮らし方がどのように変わるか考えてみたもので、この間取りを基本として、理想の暮らしと出逢えるよう願っています。


薪ストーブのある30坪の家設計図

設計図書一式の問い合わせ

掲載している各間取りは、有料にて設計図書一式を提供致しております。ご希望される方はお気軽にお問い合わせください。

なお、これらの間取りは「健康住宅研究室 簷Enn」が所有しております。
ご利用に関しましては、当研究室へご連絡いただけますようお願いいたします。